NewZealand親子留学体験レポート Lunguage school
NZ生活

物理的にも経済的にも厳しいホリデー

ニュージーランドの学校は、現在スクールホリデー中です。


こちらの学校は4学期制のため、8週間〜10週間に一度、2週間のホリデー

がきますkao-a12.gif(こちらの夏に当たる12月・1月は1ヶ月半の夏休みがありますkao-a20.gif


なんだかしょっちゅうホリデーが来て、「休んでばかりで大丈夫?!」という気分にもなりますが、

「安心してください、なんだかんだちゃんと学校は頑張ってくれてますよ」というところです。


そんなホリデー中の問題は「どこに連れて行くか」

きっとこのお休みの悩みは万国共通なはずですenpitu02.gif


さらにニュージーランドは法律で「14歳未満のお留守番禁止」icon_eek.gif

14歳以上の人が同伴でない限り、14歳未満の子ども達だけで家にいることが違法なんです。

なのでけーっこう大きい子もお母さんに連れられてスーパーでお買い物なんてしてますicon_lol.gif


12・3歳なんてなると、お母さんの慎重を越しちゃってる子も結構いたりして

「なんでオレがかあちゃんに連れられてスーパーに・・・」な表情で

渋々付き添っている姿が面白くて仕方ないです。

うちの9歳の息子もそろそろ私と変わらない背丈になってきたので、

一緒にお買い物したり、カフェでお茶してる姿は結構シュールな光景なんだろうなicon_rolleyes.gif


ただ、一緒に過ごすのを嫌がったりせず、あとは家に保護者がいられる環境があればいいのですが、

「共働き家庭」が多い国であり、あとは「外に出てパワー発散」させないととんでもなくなるのも事実。


そこで存在するのが「ホリデープログラム」kira01.gif


1−2時間だけのスポーツのプログラムだったり、もしくは丸1日YMCAのようなところ

ジムも水泳もクッキングもゲームも色々してくれるところだったり、ほかには乗馬・コンピューター・アート

など、さまざまなプログラムがあります。


値段も安いものだと30ドル前後。上には上があり、高いものは200ドル超えのものもあります。


高学年の息子は毎日サッカー、そして時々コンピューターのプログラミングコース。

1週間で何百ドルも出て行きます・・・kao-a13.gif


「なんかホリデープログラムのために普段仕事してる気するよね」というのは

こちらのママたちの定番トークです。うんうん、すっごい分かる!!




コメント

*
*