NewZealand親子留学体験レポート Lunguage school
NZ生活

ハロウィンより優しいパーティー

日本ではハロウィンが大盛り上がりだったようですね。

こちらでも日本の盛り上がりっぷりが一部ニュースになっていました。


今年のオークランドはどういう感じだったかというと、

一部の家では「Trick or Treat」の訪問を受け入れるサインとして

庭の飾りなどもしていましたが、

やはりそこまで主流なイベントではないなという印象です。


ニュージーランドはキリスト教が多数派で、

教会はハロウィンのイベントをあまり支持しない傾向があり

(一部容認派もいるようです)、そのため多くの教会では

「ライトパーティー」と言って「ハロウィンではないけど、

仮装してお菓子をもらえるパーティー」を開催していました。


このライトパーティーは

「魔女や恐い系の仮装はだめ」というルールがあるので、

小さい子にも優しいパーティーです。


我が家も子どもたちと一緒に

近所の教会で開催されたライトパーティーへ。


入り口でゴールドコインドネーション

(金色硬貨である、1ドルか2ドルという意味。だいたい2ドルがお約束)をして、

子ども達はお菓子を入れる袋をもらいます。


中に入ると、手作り感が温かい各種ゲームがたーくさん。

バウンシーキャッスルはもちろん、

わなげとかダーツとか宝探しに、懐かしのツイスターまで!

戦績によってもらえるキャンディーの数が決まるので

子ども達は真剣です。


その後ちょっと簡単な劇があったり、

さらにアイスや帰りのお土産や軽食まで提供されて、

まさに至れりつくせり。


帰るときには子ども達のお菓子袋はパンパン。

ハロウィンの意味を良く知らない4歳の娘も

「Happy Halloween!」という言葉はバッチリ覚えた日となりました(笑)

コメント

*
*