NewZealand親子留学体験レポート Lunguage school
NZ生活

NZ人がおもてなしスイッチONなとき①

NZで生活をしていると、

おもてなしのON/OFFの差にびっくりすることが多々あります。

他人の目を気にする感覚が日本人とは違うと言った方がいいのかな?


普段の生活はかなりマイペースな感じで、

子どもの学校に持たせるお弁当も、

キウイの子たちはサンドイッチ・丸ごとのりんご・袋に入ったスナック、

みたいなシンプルなもの。ディナーにお呼ばれしても、

グリーンサラダにマッシュポテトに大きな塊肉のローストだったりします。

日本人としてはもっと細かく色んな種類を用意しなきゃ!ってなりますよね。


だけど、そんなキウイママたちも「お誕生日会」となると

1年中のパワーを集結させたかのような気合いを入れます。

そしてパーティーにとっても慣れてる!


どのバースデーも「テーマ」があって、

先日3歳の娘がお呼ばれしたのは「ユニコーン」がテーマでした。


「濡れたり汚れたりするかもしれないから着替えを持って来てね」と書いてあって、

行ってみるとなんと裏庭にユニコーンが!


角を付けたとっても穏やかなお馬さん”Lolly”が、

子ども達を順番に乗せてくれました。

ちなみにNZのパーティーで馬を呼ぶのは定番のエンターテイメントです^^



その後お家の中に入ると、なんともおしゃれなテーブルセッティング。

雑誌に出て来るようなセッティングでした。

子ども達の人数とサイズに合わせて

お父さんが新たにテーブルとイスを作っちゃったのだとか。

ユニコーンの角のついたカチューシャは、なんとお母さんの手作り。

こちらのお母さん、なんと12歳・9歳・6歳・3歳の3人の子育て中。

日々大忙しなのに、やはりパーティーとなるとここまで頑張っちゃうキウイママ!

パーティーフードはどんなものかというと、

カップケーキにレミントン

(スポンジにチョコレートとココナッツをまぶした四角い食べ物)、

ジェリービーンズやチョコにポップコーンに、

そして女の子のパーティーでは定番のフェアリーブレッドも。



このフェアリーブレッドとは、パンの上にバターを塗って、

そこにカラフルなスプリンクルをかけたという、見た目重視の食べ物です(笑)。

でも子ども達にはいつも大人気!

これとベジマイトのパンだけは、まだ慣れないNZ9年目の私です。


ケーキとエンターテイメントについては、また次回^^

コメント

*
*