NewZealand親子留学体験レポート Lunguage school
チャイルドケア・現地校・語学学校

世界から注目をあびるNZの教育現場

娘の通う幼稚園に、日本の学生さんが見学にやってきました。


大学で幼児教育を専攻している学生さんは

NZの就学前教育指針「テ・ファリキ」について研究しているそうで

個人の個性をのばすカリキュラムを実践している現場にて

子供にふれあい、教育者から話を聞くことが今回の目的とのこと。


特にこの幼稚園は牧場内で動物とふれあいながら学ぶという

ニュージーランドならではの環境のため、

日本からインターンとして研修にやってくる学生さんが多く、

だいたい2週間ほどホームステイしながら

幼稚園で実地研修しています。

日本だけではなく、アメリカやヨーロッパからも

NZの教育制度に興味をもった多くの学生さんが研修にきています。


この日はクラス別のアクティビティに参加し

一緒にダンスを踊ったり、絵の具をつかった遊びを手伝ったり。



園内は個人の個性を伸ばすため、絵の具や粘土、パズル、コスチューム、

おままごとセットが自由につかえるように置いてあります。



また隣の牧場での子供たちの乗馬見学もしました。

乗るだけではなく、ブラッシングしたり、人参や草などの餌をあげたり、

ここでは馬とのふれあい方を教えてもらっています。

他にも、地面に穴をほって生活するウサギの様子をみたり、

残飯を豚にあげたりと生態だけでなく、食育も。



学生さんは、見学してみて、

「子供たちがとってもフレンドリーで先生方も本当に親切」

「動物たちといつでもふれあえる環境で

のびのびとしてる子供たちが印象的」

「個人の世界を確立することでコミュニケーション能力がつく、

という先生の言葉が現場をみてよくわかった」

という感想でした。また来年も来ます!という言葉を残して帰国しました。


私も娘も貴重な体験をさせてもらっていて

この幼稚園を選んで正解だったなと実感。

あらためて学生さんをみてそう思いました。

コメント

*
*