NewZealand親子留学体験レポート Lunguage school
お出かけ、旅行

10歳、人生で初めてのお留守番!

日本では、鍵っ子は珍しくないし、

私も小学校低学年の頃でも、学校から帰って家に親がいないと

鍵の隠し場所から鍵を自分で取って中に入り、お留守番をする事がよくありました。


ですが、ニュージーランドではそれは厳禁!!!


14歳未満の子どもが、大人(厳密には14歳以上)抜きで家や車にステイ

することは法律で禁止されているのです。


ちょこっとコンビニにミルクを買いに行くとか、ちょっと下の子の保育園お迎えなどでも、

10歳の息子(もうすぐ身長が私に追いつきそうな大きさ!)を絶対に連れていかなくてはいけません。


しかし、日本滞在中の先週、私がどうしても病院に行かなくてはいけなかった日。

寒波が来ていたし、街中にも咳こむ人がたくさん。病院なんて言ったら恐らくなおさらのこと。

「子どもを連れて行きたくないな、でもお留守番したことないしな」

と不安に思いながらも、「一緒に病院行く?それとも家で〇〇(5歳の妹)とテレビ見て待ってる?」

と聞くと「大丈夫、お留守番してるよ!」という答えが。


10歳とはいえ、「お留守番初心者」な息子。


「地震・火事が来たらどうするか」

「誰かがピンポン押したらどうするか」

「どうすればママの携帯に電話ができるか」

「どうしても困ったら誰に助けを求めるか」


など、日本だったら小学一年生のことでも知っているであろうことを、

ひとつひとつ確認しながら教えました。


結果、30分だけで帰宅できましたが、私はずーっとドキドキ。

子どもたちは二人で私が用意しておいたお昼をちゃんとテーブルに座って食べて、

テレビを見て何事もなかったかのように待っていてくれました。


「お留守番の経験」って、自立心とか責任感を育てるのに、とっても大切な経験だと思います。

でもニュージーランドでは法律で禁止されているので、それをさせることができません。


しかし同時に、お留守番中に悲しい事故が起きたり、不必要に不安な経験をさせること

を防げるというメリットもあります。


どちらがいいかは個人差があるし、環境差もあるので一概には言えないけど、

日本とニュージーランドの単純な違いとして考えさせられた経験でした!




コメント

*
*